インボイス制度のお悩みは当事務所が解決します【格安診断実施中】

インボイス制度で決めるべきこと3つ

1.インボイス登録するか?

インボイス登録を行うべき」または「インボイス登録を行わなくて良い」かの判断は事業者ごとに異なり得ます。

当事務所は、これまで多数のお客様へインボイス制度のご案内を行って参りましたが、「インボイス制度の登録すべき?しなくてよい?」という問題に関する税理士への相談ニーズが非常に高く、また、お客様に喜んでいただけるものであることが分かってきました。

そこで、インボイス制度のアドバイスに絞ったスポット診断の受付を開始し、広く小規模事業者のニーズに応えたいと考えております。

インボイスはあくまで事業者の任意による登録制度ですので、これまで消費税申告を免除されていた小規模な事業者は、制度開始後も引き続きインボイス登録を行わないという選択肢を取ることも考えられます。

一方で、インボイス登録を行わないことによるデメリットも生じる可能性があり、顧客との関係や事業の計画によってはインボイス登録をした方が良いケースもあり得ます。

制度の開始前に一度、税理士へ相談してみたいという事業者様は、受付期間中にぜひお問い合わせください。

2.消費税は簡易/原則どちらが有利?

仮にインボイス登録を行う場合、制度開始後は消費税の申告が必須となります。

消費税の申告は「簡易課税」と「原則課税」の2つの計算方法が認められており、個々の事業者によって、どちらが有利かは異なります

しかし、「簡易課税」と「原則課税」のいずれを採用するかは、インボイス制度の開始前に決定することがルール上、定められているため、事前にどちらの計算方法が有利かのシミュレーションを行うことが重要です。

そこで、当事務所がインボイス登録を行ったと仮定した場合の消費税額を「簡易課税」・「原則課税」それぞれのシミュレーション(推定値算出)を行い、どちらの計算方法を採用するかの判断に資する情報のご提供を致します。

また、シミュレーションにより、当初はインボイス登録を行うことを考えていたものの、消費税の納税額シミュレーションを行った結果「やっぱりインボイス登録を行わない」という判断を下すこともあり得ます。

3.インボイスの開始に必要な届出は何をすればよい?

上記「1.」と「2.」を経て、インボイス登録を行うこと、及び、消費税の計算方法を決定したら、期限までに所轄税務署へ届出書を提出することが必要です。

これらの届出書は作成自体はそれほど複雑ではないので、自社で書き方を調べながら作成する事も可能です。

一方で、基本的に1回限り作成するだけの書類ですので、そのために時間を割いて、書き方を調べたり、確認を行うとは生産性の低い行為だと当事務所は考えております。

従って、当事務所に「インボイス制度の申請適否に関する助言、及び、税額シミュレーション」をお申込頂いた事業者に限り、格安(\11,000)での届出書作成代行を承っております。

税務署への提出(電子申告)まで当事務所が行いますので、ご依頼頂いた場合は、届出書の最終確認を除き、事業者様にて作業頂く必要ありませんので、時間の節約になります

もちろん、当事務所へのご相談の結果、「インボイス制度を行わない」と判断された事業者様や「自社で届出書を作成する」こととされた事業者様においては、インボイス関連の届出書作成に係る料金を頂くことはございません。

必要資料は2つだけ(最短1営業日で回答)

  1. 確定申告書(法人の場合は2年分、個人事業主の場合は1年分)
    • 設立/開業1期目で、過去の確定申告書がない場合、今年度の会計データ(試算表)をお送りください。今年度の途中まで入力したものでOKです。
  2. 調査票(回答時間:約5~10分)
    • お申し込み後、メールで調査票を送付します(エクセル形式)
    • エクセルの記入ができない場合、ご相談をお引き受け致しかねます。ご了承下さい。

納期は最短1営業日。最大でも5営業日以内に完了です。

お申し込み後の流れ

  1. お申込
    • お問い合わせフォームから「インボイス制度の相談希望」と記入のうえ、社名(氏名)・メールアドレスを添えて送信ボタンを押してください。速やかに担当から折り返しのメールをお送りします。
  2. お申込書の記入
    • 当事務所から申込書をメール送付します。内容確認後、お申込(※電子申込)頂くと、業務着手となります。
  3. 必要資料のご送付
    • メールにて必要資料をお送りください
  4. 面談 (30分~60分程度)
    • 面談にて事業内容等の簡単なヒアリングを経て、診断結果をお伝えします。
    • 面談はオンライン/当社へご来社のいずれかの形式でお願い致します。※ご要望であれば、お電話でも構いません。
  5. (必要な場合)届出書の作成
    • ご要望がインボイス制度開始に必要な届出書の作成まで代行します。
    • 届出書の作成が不要であれば「5.」のステップは必要ありません。

料金

1.インボイス制度の申請適否に関する助言・税額シミュレーション

区分-業種料金
個人事業主-飲食・小売業(ECやせどりも含む) 44,000円(税込)
個人事業主-上記以外の業種 9,900円(税込)
法人-業種不問 9,900円(税込)

※区分(個人事業主or法人)、及び、業種によって作業工数に幅が出ることが想定されるため、料金に差を設けております。
個人事業主、かつ、飲食・小売業をされている方と、それ以外の法人・個人事業主で異なる料金体系となっておりますので、予めご確認のうえ、お申込ください。

2.インボイス制度開始に伴う届出書作成

区分料金
全てのお客様 11,000円(税込)
※本料金の適用は「1.インボイス制度の申請適否に関する助言・税額シミュレーション」をお申込の方に限ります


お申込

以下のリンク先から当事務所のお問い合わせフォームに移動します。
ご相談内容欄に「インボイス制度の相談希望」と記載の上、社名・メールアドレス・お電話番号を記載し「送信」ボタンを押してお問い合わせください。

ご相談をお待ちしております。